Top > 日記 > 厳しい現実

厳しい現実

任意整理というのは一般には負債の整理というふうに言われていておのおのの債権者に返金を続けていくことを選択する債務の整理の方法のことです。

 

一般的な手続きとしては司法書士とか弁護士が貸方と債務者との間に立って示談をして、利息に関する法律に従って適切な利息計算をしてもう一度計算した元金について利息を削ったことにより3年ほどの期日で返済を完了する借金の整理の方策です。

 

この場合は裁判所などの公の機関が口出ししませんのでこれとは異なる手続きと比べたときに利用した際の不利益が一番少なく手順が借金をしている人にそんなにストレスにならないので、一番初めに考慮していただきたいモデルとなります。

 

それから、ヤミ金業者といったようなとても高額な利息の際には、法が明記している貸出利息を超えて振り込んだ利息においてはその元金に充当できると判断しもととなる元金それ自体を減らすことも不可能ではありません。

 

つまり、ヤミ金みたいな高い借入利息を取る業者に対して何年も返済し続けているケースならある程度の支払額を免除できる場合もあり、10年くらい返し続けている場合だと元金自体が消滅する場合もあります。

 

債務整理の有利な点を挙げると、自己破産手続きと異なり一部分の借金だけを整理していくことができるため、他の保証人が付く負債額以外だけを手続きしていく場合や自動車ローンの分以外について処理したい場合などでも使用することも可能ですし資産を処分する必要がないため株式や戸建て住宅などの自分名義の財産を所有しているものの、放棄したくない状況でも活用可能な債務整理の方法になるでしょう。

 

しかし、手順を踏んだ後返済していく額と実際の収入額を比較検討しだいたい返済の目処が立てられるようならばこの手続きを取ることは問題ありませんが破産宣告と違って借金自体がクリアーになるというわけではありませんので、借金の総量がかなりになる場合などは、実際問題として任意整理の選択をするのは困難だと考えるのが無難でしょう。

 

日記

関連エントリー
厳しい現実フラッシュモブテスト